信頼できる業者に依頼すること

>

リフォーム詐欺とは何なのか知る

まずは見積もりをもらおう

いきなり業者にリフォームを任せると、想像していた料金より高い料金を請求されます。
それもリフォーム詐欺の手口なので、まずは見積もりを聞いて判断してください。
見積もりをきくと、大体どのくらいの金額になるのか把握できます。
前もって相場を調べていれば、相場より安いのか高いのか分かるでしょう。
どうしてその見積もりになったのか、理由を聞くのが良い方法です。

仮に相場より金額が高くても、きちんとした理由があるなら納得できると思いますし安全です。
特に理由もないのに高い金額を提示している業者は、信頼性が低いと判断してください。
また、無料で見積もりを受け付けているという部分が重要です。
有料の業者には、依頼しないでください。

すぐにリフォームを任せないこと

業者が急に自宅を訪問してきて、リフォームを今すぐしないと大変なことになると脅すことがあります。
業者からそのように言われると本当に早くしなければいけないと思って、その場ですぐにリフォームの契約をしてしまう人がいます。
しかしそれは、高額な料金を請求するためのワナなので引っかからないでください。

あとであまり良くない業者だということに気づいてキャンセルしようと思っても、高額なキャンセル料金が発生してしまいます。
キャンセルすることもできずに、そのままリフォームを依頼しても工事の腕前が悪いのであとから再び問題点が見られるかもしれません。
訪問してきた業者に何か言われても、その場ですぐに決めないよう注意しましょう。